MENU

長期の返済でも完済できず…吉田法律会計事務所に相談すれば過払い請求できるかも?

長いこと返済をしているにもかかわらず、完済への道は遠いと悩んでいる人はいませんか?返済期間が長引けば長引くほど、過払い金の発生している可能性があります。過払い金とは、利息の支払いで本来支払うべきではないお金を払っている状態をさします。

 

貸金業者が金利設定をする時には、利息制限法のルールにのっとって決めないといけません。10万円未満の借入であれば、年利で20%が上限です。以下同様に100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%の年利を上限とします。このルールを超える金利設定にしている場合、違法分の利息の支払いは向こう、元金返済に充当されます。

 

金利の引き直し計算をすると、実は完済しているケースも出てきます。それどころか、余計にお金を支払っているケースも出てくるわけです。このような過払いが発生している場合、貸金業者に対して返還請求ができます。これが過払い請求です。

 

もし返済期間が長期化していて、もしかすると過払い金が発生しているかもしれないという心当たりのある人は吉田法律会計事務所に相談してみてください。吉田法律会計事務所では、利息制限法に乗っ取って、引き直し計算をしてくれます。領収書などを紛失してしまった人でも心配はありません。取引履歴の開示請求ができるので、貸金業者から履歴は取り寄せられます。

 

吉田法律会計事務所では、5年から10年以上の借入期間のある人は過払いの発生している可能性は高いと判断しています。過払い返還請求は、10年以上経過すると権利が失効してしまうので、心当たりのある人は早めのアクションを起こすことが求められます。